スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
■3歳~就学前の 『 基礎・基本 』 
今月は、モンテッソーリ関連の本を下の順に 4冊読みました。
小さい子供と暮らしている人には、(おじいちゃん・おばあちゃんにも!)
ぜひ読んでもらいたいな・・・と思った本です。


  アマゾンにリンクしてます。
  アマゾンは、実際に読んだ人・購入した人達が
  感想を書いてるので読んでみると、本に限らず参考になります。



  1.お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる / 相良 敦子


  2.お母さんの工夫―モンテッソーリ教育を手がかりとして / 相良 敦子、田中 昌子 他


  3.モンテッソーリ教育が見守る子どもの学び―環境を征服する子どもたち / 松浦 公紀


  4.子どもは動きながら学ぶ―環境による教育のポイント / 相良 敦子、池田 則子 他



ママが提示(やり方をゆっくり教える)をした後は、
(洗濯ばさみ→ビーズ→牛乳パックの注ぎ方→折り紙など)
今まで以上に息子達の観察をするように心がけています。


長男と次男に同じ提示をしてきましたが
1歳2ヶ月しか違わない年子でも 
今までの経験・やってきたことが違いすぎて
当然のことですが、2人に同じレベルのものというわけには
いかないということが、この1週間位でとてもよく分かりました。


まず第一に 長男は、ハサミが自由に使えます。
でも 次男は、ハサミを持たせてもらったことすらありません。
このちょっとした違いは、相当大きいです。


長男には、3才1ヶ月位に教えました。 ←記事は、本館ブログにて
理由は、子育てに追われてたママに随分、余裕が出てきて
ハサミでも そろそろやってみようか!?といった具合でした、
ハサミを振り回すと危険だとか、
ハサミで次男を傷つけてしまうかもしれないとか
よく見てないと自分の指が切れてしまうとか
床に置きっぱなしにしたり、
きちんと(次男の届かない所に)片付けないと危ない・・・などなど、
ママの説明も しっかり理解し、実行出来るようになったのも
ちょうど この頃だったように思います。


長男は その頃 左利きだったので、ハサミは、しっかり隣について
右手で何が何でも教えようと思っていたので、
育児でバタバタしている時は、
ハサミは、教えてあげる気にもなれませんでした。
ハサミに限らず何事も最初が肝心だと思っているので
ハサミを子どもの手が届く場所に適当に置いたり、
適当にハサミを使わせる・・・ということは、
ママの頭には、元々ありませんでした。


で、その後、なぜか、次男にも、長男と全く同じように
次男が3才 になるまで触らせない、と勝手に決め込んでました。
これがもとで、せっかくの次男の敏感期を逃していたかもしれません。
なぜなら次男は、長男のハサミには、
随分前から『ぼくも!ぼくも!』とすごく興味を示してました。
長男が3才1ヶ月だった頃より、
今の方が 子供達も手がかからなくなってるので
ママも心に余裕があります。
十分、お互い、ハサミを開始する準備が整っていたにもかかわらず
開始時期を逃した可能性が大きいです。


ハサミは、危険=3才から・・・というママの勝手な考えは、
勉強不足だった、ということが とりあえず本を読んで 判明。


今の3才前の次男でも 危ないことをしっかり言えば分かるし
ハサミの使い方も、長男の時と同じように
ゆっくり横について教えてあげれば、3才前でも十分可能。



本によると
人間は、環境をとらえて自分のものにしていくそうです。
『手』によってとらえることから始まります。


なので、赤ちゃんの場合
『触る』 『握る』 『ふる』 『たたく』 『落とす』 などをして
様々に手を使う本格的練習へと進む。


歩き始めた赤ちゃんは、
『ものを持って歩く』 『押して歩く』 『引っ張って歩く』などなど
足に手の働きをあわせて自分自身の目的に従って活動し始める。


足を使うことに対し、手はもっと複雑な活動に進む。
『まわす』『はがす』『はる』『ねじる』『開閉する』『通す』
などしたがるようになる。


以上の基本動作がよくできるようになると道具の操作で
『並べる』 『積む』 『あけ移す』 『書く』 『切る』に発展。


次の段階で
『注ぐ』『より分ける』『つなぐ』『たたむ』『ボタンをとめる』


このような基本的な活動を十分やりぬいて 3才頃になると
『折る』 『切る』 『貼る』 『縫う』 など創る活動に入る・・・



というわけで、
同じことが繰り返し、心ゆくまでやり通せるような
材料や教材を環境として整備することが必要。

(長男の時は、ハサミを教えたら 
ものすごく集中して、もっともっととハサミ大好きっ子になったので、
次から次へと楽しそうなハサミのドリルを用意してあげました。)


子どもの発達は、自然に現れてくるのではなく
一つの段階を子ども自身が十分にやり抜いた結果、
必然的に次の段階に進む・・・



う~ん。
というわけで、長男と次男の できること・できないことが違う
・・・段階が明らかに違うということから
長男には、これからは、
『折る』『切る』『貼る』『縫う』の活動が出来るように
用意してあげたいと思います。

中でも、『折る』 ということに 今は、興味があるようで
ここ数日、折り紙を折り続けてます。


長男、今までは、 折り紙 = 色コレクション 
だったので『折る』のは、ずーっと 極端に嫌がってました
鶴でも折ろうものなら、大泣きします
そんな『秩序感の敏感期』の真っ最中でもあるので
今回は、袋から出したばかりの 折り紙を見せずに
最初からママが折ったものを見せて
それから提示してやり方を教える・・・
そんな 一工夫もしてみました


   *『秩序感の敏感期』・・・
   こだわって泣き喚いたり子供ってしますよね?! 
   .の本に詳しく書かれていて
   子供が泣き叫ぶわけが分からないママには読んでもらえると
   子供のことが理解できると思います。



長男の幼稚園の夏季保育(半日保育)が月曜日から始まり
次男とママの時間が 少しずつ また復活しました。
9月からは、全日保育なので、たっぷり時間もあります。


来年には、次男も 年少さんになるわけだし
3才になるのを待たずに モンテの本も読んだことだし
やり残してきた基本的動作を逆戻りして経験させることや
正確に深く経験させる必要を感じました。




<<< 今日のまとめ >>>


   1.『就学前の基礎・基本』は、
     『折る』『切る』『貼る』『縫う』


   2.基礎・基本の技術を身につける時は
     段階を追って、正確に実行し、確実に習得していくこと


 
長文にもかかわらず読んでくれてありがとう。
幼児教育ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです




スポンサーサイト

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

【2006/08/29 05:26 】 | オウチでモンテッソーリ教育 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
<<■長男3才:ドリル34冊(内5冊は、夏休み)&赤ちゃんの頃のアルバムでhappyになろう♪ | ホーム | ■勘違いは、その場で教えてあげると効果的!~牛乳パックカード~>>
コメント
----
こんばんは♪
早速遊びにきました。それと、ブログにリンクの追加させてもらいました。ありがとうございました。

敏感期を見つけるのもなかなか難しいものです。ただやりたいだけなのか、心から今やりたい事なのか。お子さんの事を観察していないと見逃しちゃいますよね。
ウチの娘の言語の敏感期は「今だ!!」という時にであえたので、覚えるのも早かったです。親も子も満足感・達成感はもの凄いものでした!
by:ブルーベリー | URL | #-【2006/08/30 22:06】 [ 編集] | page top↑
----
毎回、参考になる記事とても楽しみにしています。

一時期、シュタイナー、モンテッソーリなどの本を読み、モンテのお仕事は日常に十分使える!と参考にしてきました♪

本人が興味をもったら始め時と思っていたので、ハサミは2歳2ヶ月に与えました。
使う時の約束を毎回伝え、
立ち歩かない、人に刃を向けない、渡す時は刃を持って柄の部分を人に向ける等教えたので、今は安心して見ていられます。

学力よりも第一に器用な子になって欲しいと思って、(私が不器用なので…)
手先を存分に使う、ビーズ通しや糊も2歳過ぎから遊んでいました。

息子(3歳3ヶ月)は今、折る事に興味を持っていて、洗濯物(タオルやハンカチ)をたたみたがり、お手伝いしてもらっていますが、
折り紙となると、折り目をつけるのがかなり難しく、悪戦苦闘しています^^;
私が先に折り目をつけて折りやすくしてあげることは納得してくれなくて…。

我が家では『5かい折ったらできあがり こどものおりがみ』という本を参考にしています。

記事に共感して、興奮してしまい、
長々となってしまってゴメンナサイm(__)m
by:tomo | URL | #XAUl15Aw【2006/08/30 22:48】 [ 編集] | page top↑
----
こんばんは。
子供によって適切な時期ってありますよね。
はさみについてはうちの場合、やはり次女の方が早く持っていますね。
というより、我が強いのでだめといって聞かない性格なので仕方なく使わせてるというかんじですが・・・。
でもそのお陰か、最近は本当に上手に使えるようになりましたよ♪
by:子供と英語がんばるぞ! | URL | #rZ5Dsd/2【2006/08/30 23:10】 [ 編集] | page top↑
-->ブルーベリーさんへ--
コメントどうもありがとうございます。
うーん、なるほどー!
単にやりたいだけか、心からやりたいことか・・・
これは、見極めるのが難しいですねぇ。
今後の課題になりそうですね。
うちの長男の 『もじに対する敏感期』は、
私も今、モンテの本を読んでみると
あの時がそうだったんだな・・・って
すごく納得がいくんです。
今後も色々教えてください、
よろしく願いします!!!
by:happy☆年子ママ(ブルーベリーさんへ) | URL | #-【2006/08/30 23:43】 [ 編集] | page top↑
-->tomoさんへ--
こんばんは。
長文にもかかわらず読んで頂いて、
コメントもどうもありがとうございます。
教えて頂いた折り紙の本ですが
早速アマゾンで調べてみたんですが
とても良さそうです!!!
買う気満々です~~☆
なんせ、私もかなりの不器用でi-229
折り紙といったら、鶴しか作れませんi-201
5回なら私でも子どもと一緒に楽しくできそう!!!笑

次男の今後は、
のり・はさみ、
長男は、折り紙から色々準備してみようと
思ってます♪
長男は、幸運にも器用なパパ似で、
折り紙のアイロンがけも最初から結構上手でした。
指先の力、、、っていうのかな、
なぜだかわからないけど
これは、彼は結構強いんです。笑
最初に折り目を付けたら、うちの長男も
めちゃ、激怒しそうですi-203
by:happy☆年子ママ(tomoさんへ) | URL | #-【2006/08/30 23:54】 [ 編集] | page top↑
-->子供と英語がんばるぞ!さんへ--
こんばんは、コメントどうもありがとう♪
もう戻ってるんですね?!
園も始まりますもんね・・・^^
そうですかぁ、やっぱり下の子は、
上の子がやってるのを見てるので
興味を持ちますよね、
特にハサミなんかだと
楽しそうにやってますもんね、上の子がi-179
うちの次男は、我慢が出来る子で
長男よりお兄ちゃんっぽい所があります。
長男のほうが、やる!!と言いだしたら
きかないので、そういう意味で
未だに手がかかるほうは長男です。
ホントにどっちが兄で、どっちが弟か
分からない時ありますよーー汗
by:happy☆年子ママ(子供と英語がんばるぞ!さんへ) | URL | #-【2006/08/31 00:03】 [ 編集] | page top↑
----
すごい勢いで勉強してますね!ママの吸収力にびっくりですよ。

次男の問題はうちも同じ。ついつい上の子ばかりに目がいって下の子は放ったらかし、もしくは邪魔者扱いなんていうときもあるんですよ。二人一緒にいるとお互いやきもちだのライバル心だのが交錯して余計ややこしくてしまいにはけんかが始まったり・・・。上の子がいない時にゆっくり関わってあげるしかないですね。

しかし、モンテ園は縦割り教育。先生に聞いたところ、上の子が下の子に教えることで教えた子は自信を持つし、下の子も教えられてできるようになるしで良い循環が生まれるそう。これが兄弟だとうまくいかないのが家庭でする難しいところです。時々は教えてくれてうまくいくこともあるんですが。

モンテで育った子は周りへの気配りも上手になると書いてありますが、兄弟だと本当、なかなかうまくいかないものです。が、仲の良い平和な兄弟目指してがんばります。
by:ゆきこ | URL | #-【2006/08/31 05:50】 [ 編集] | page top↑
----
記事にしましたが、うちははさみは1歳半からです。
怪我をしたことはもちろんありません。
”敏感期”面白いですよね。
うちは一人っ子で、兄弟のバランスを考える必要も無いから、そのぶん、関わりがらくなのかな。
いつもやりたいことを存分にさせることは自然としてきました。
今は”工作熱”にかかってます(笑)
by:あひる | URL | #amS06Jd.【2006/08/31 07:44】 [ 編集] | page top↑
--たしかに~--
同じ年齢でも、月齢によって、違うモンね。
ほんと読んでて、妊婦時代から知ってれば~って思っちゃいました。
おかあさんの「敏感期」と「ママ、一人でするのを手伝ってね!」の2冊です。
まだ全部読めてないのですが、ほんと早く知りたかった~って思っちゃいます。
でも今できることをって思って、息子を観察するようにしてます(^^;;
by:うー | URL | #-【2006/08/31 08:55】 [ 編集] | page top↑
----
たくさん本を読まれてますね~。相変わらず
尊敬です。。。

モンテのことを知らない子達でも下の子って
わりとなんでもできることが早いですよね!
上の子のすることを観察してるんですよね!
上の子も知らない間に下の子に提示を
してるんですね~。

はさみ。うちの子もすでに興味を示しています。手を切りにくそうなはさみがあったら
与えてみたいです。

敏感期の見分けって難しいですね!
by:まめた | URL | #-【2006/08/31 12:35】 [ 編集] | page top↑
-->ゆきこさんへ--
こんばんは、コメントありがとうございます。
もうライバル心とか芽生えてますか!!!
うちは、まだ全然そういうのはないんですけど
2人で同じことをしたがるので
それが難しいです、うちの場合は。
ママが別々のことを提案すると
どっちも気が散っちゃうっていうか
お互い、相手のやってることのほうが
楽しそうに見えてしまうようで。笑
見てると長男のほうが
ママより提示が上手だったりします。笑
長男は、次男になんでも教えてくれるので
楽させてもらってます。
次男のレベルを把握してるのも
ママより長男のほうがはるかに上だと思います・・・汗
by:happy☆年子ママ(ゆきこさんへ) | URL | #-【2006/08/31 22:27】 [ 編集] | page top↑
-->あひるさんへ--
こんばんは!コメントどうもありがとうございます♪
一人っ子だと、そっか、
教えやすいのはありますかねぇ・・。
うちは、次男が長男の周りを大概
ウロチョロしてるので
危なくて仕方ないんですi-203
長男が気をつけてても
次男がハサミの怖さをしらないので
結構、ドキドキです。
長男は、最初の頃に
1度、ハサミで指をホンの少し切って
それ以来、結構慎重ですi-179
by:happy☆年子ママ(あひるさんへ) | URL | #-【2006/08/31 22:31】 [ 編集] | page top↑
-->うーさんへ--
コメントありがとう♪
「ママ、一人でするのを手伝ってね!」・・・
やっぱり~!?
これ、すごく迷ったんですよぉ~~☆
多分、近いうちに買って読むと思います。笑
読んでも読んでも、疑問が次々出てくるのは
なぜかしら・・・・?(私だけ?汗)
ともかく奥が深いですね。笑
by:happy☆年子ママ(うーさんへ) | URL | #-【2006/08/31 22:35】 [ 編集] | page top↑
-->まめたさんへ--
こんばんは!
そうですよねー
下の子は、ホント上の子のやることを
すっごく見てます!!!
うちの次男は、ママの口癖より
長男の口癖のほうを よく使うし。笑
ママの言うことより、長男の言う事のほうが
よくきくし。笑
意外とママが思っているより
子供って真剣なので
ザックリ切るほどの怪我は、なさそうな気がします。(油断は禁物だけど・・)
長男は、最初の頃に一度、ホンのちょっと
(かすっただけ)
切っただけで、その後は、
一度も痛い思いはしてません。
ハサミは、ママも真剣に子供に教えたいものの一つですよね!
by:happy☆年子ママ(まめたさんへ) | URL | #-【2006/08/31 22:43】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。